「もう一度言ってください!」を英語で言ったら・・・(汗)

Pocket

◆たった1文字無いだけで、、、

 先日、家でご飯を食べながら、外国人ゲストと英語で会話をしていたら、よく聞き取れない単語が出てきました。

 「えっ!?何と言ったんだろう・・・?」と思い、もう一度聞こうと思って、

 「One more, please!」と彼女に言いました。

 すると、彼女は、箸で私にコロッケを1つ取ってくれたのです。

 私は頭の中が「???」となってしまいました。

 よくよく話しをしてみると、私は「Once more,please!(もう一度言ってください)」と言わなければいけないところを、「One more, please!(もう1つください)」と言ったから、彼女はコロッケをもう1つ欲しいんだなと思ったそうなのです。

 ほんのちょっとの違いで、大きく意味が違ったのです。

 二人で大笑いしてしまいました。

 このように実践的な英語を学べるのも、ホームステイを受け入れの醍醐味の1つです。

コロッケ

◆ホームステイを受け入れには?

 正しく、安全に、手間無く、ホームステイを受け入れするためには、いくつかの方法があります。

  1. 大学や日本語学校から受け入れをする
  2. ホームステイ斡旋会社から受け入れをする
  3. マッチングサイト(民泊)サイトから受け入れをする

 民泊については、旅館業法の兼ね合いもありますが、旅館業の規制に縛られない受け入れ方法もあります。

 民泊サイト以外についても、実はいろいろな方法があるのです。

 あなたに合ったホームステイ受け入れを試されてみてはいかがでしょうか?

 こういったホームステイ受け入れ手段を解説したり、受け入れに関する悩みを解決して頂くために、ホームステイに興味のある方向けに、メルマガを配信しています。

▼メルマガのご登録はこちら

ホームステイを受け入れる3つの方法

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る