【ホストファミリーの悩み(2/2)】

Pocket

英語はできないけどホストファミリーを通じて国際交流を楽しんでいる認定講師「ひでさち」です。

2015年最後の記事はホストファミリーの悩みの続編です。

前回記事はこちら↓

【ホストファミリーの悩み(1/2)】

【6.ポジティブなホストファミリーの悩みの例】
 
冒頭のポジティブなホストファミリーの悩みとして以下を挙げました。
■ポジティブなホストファミリーの悩みの例
  ・外国人からの受入申込みが多いので、返答に困る。
  ・受け入れた外国人の国籍分だけ訪問したい国がある。
  ・自身の語学力の向上意識が高まった!!
  ・外国にはなく日本にしかないお土産をおもてなししたくなる。
  ・過去に滞在した外国人ゲストからイベント事にメッセージをもらって返信に困る。
 
私はすべて経験があります。
  ・私は毎日、通勤電車の中で数人の外国人へ英語でメールを返信して、受入の申込みに対応しています。
  ・単純に受け入れた外国人ゲストの母国に訪問したくなります。全部の国に訪問するのは、時間的、金銭的に難しいですから、どのゲストの国に訪問しようか悩みます。
  ・外国人を受け入れるまでは、自分の英語が通じるのか全然わかりませんでしたが、文法は”メチャクチャ”ですが、自分の英語でも理解できることを知ってからは、なるべく自分の言葉で話すようにしています。そして、自分の言葉で話したいが故に英語の勉強も少しずつ始めています。
  ・私は滞在した外国人には”フリクションボール”を必ずプレゼントしています。食品だと税関で持ち帰れないケースがあるので、フリクションボールが必ず持ち帰ってもらえるし、あんな不思議なボールペンは日本の技術の賜物だと思います。そんな思いから大事なゲストにはお土産をおもてなししています。
  ・何ヶ月も前に私の家に滞在したのに、ハロウィンやクリスマス前になるとメッセージをくれる外国人ゲストが数名います。彼らとのやり取りは複数あるので、大変ですが、返信にやりがいを感じます。国・気候それぞれ別の場所に住んでいても気持ちが繋がっているのです。お互いに元気な写真を送って思い出話をしたりします。
 

3_images
 
【7.ネガティブ悩み=解決方法、ポジティブ悩み=ワクワク】
 
つまり、ネガティブなホストファミリーの悩みは解決策が既にあり、ポジティブなホストファミリーの悩みは、私たちをワクワク、楽しい気持ちにさせ、人種・国を超えても心が繋がっていることを実感させてくれるのです。
(ネガティブなホストファミリーの悩みはJ-Hostにて随時、解決案を提示しますので、今後もご安心してください。)
 
 
 
【8.私たちとポジティブな悩みを共有して、ワクワクしませんか。】
 
あなたもホストファミリーになって、私と同じようにポジティブなホストファミリーの悩みを持ちませんか。
 
 
空を見ながら、「あの空の向こうのゲストは元気かなぁ」と思いふける「ひでさち」より

————–

最後に

今年は日本ホストファミリー養成協会が発足した年でした。私たちの活動が認知されて、日本のファンをもっと増やしていきたいと思います。

来年はいきなり、1月16日・大阪、17日名古屋と「ホストファミリー養成入門セミナー」を開催します。2016年はドンドン勢力的に活動していきますので、よろしくお願いします。

 

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る