【外国人あるある㉔ 意外と知らない・・】

Pocket

 会話のタブーは「宗教」と「政治」、なんて言われることもありますが、だからこそ、話し合えるほどには知っておきたいもの・・・

reli_1

reli_2

reli_3

reli_4

 外国人ゲストを受け入れるまでは、食事の時間や鍵のかけ方など暮らしのルールをあれこれ気にかけていました。しかし、暮らしがスタートすると、意外とコミュニケーションが発生することに気がつきました。彼らにとっては暮らしのルールの延長にあるものや、その背景が気になるようで、どうしてそうなのか?素朴な疑問から質問を受けることが増えるからです。これは、家庭でホームステイをしている醍醐味の一つでもでもあるとは思います。

 

 そのうちの1つが宗教に関することです。食事の時に合掌するのはなぜか(これは地域にもよります)、仏壇はどの家にもあるものなのか、神棚と仏壇の違いは何か、神道と宗教の違いは、初詣、七五三、結構きりがありません。そして、意外とそれらのことを意識していない自分に気がつきます。

 

ゲストにとっては、彼らと比べて宗教に意識が向いていない私たちと暮らしに浸透した習慣のギャップが驚きでもあり、何より興味深いものでもあるようです。

 

 

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る