【外国人あるある㉗「立ちつくす・・・」】

Pocket

 どこからみてもうかがえる、その集中している様子が、見慣れなさに拍車をかけて凄みすら感じているそうです・・・

reading1

reading2

reading3

reading4

最近は、商品にビニールがかけられ立ち読みが出来なくなってきましたが、日本では、書店で、コンビニで、駅で、立ち読みをする姿はある意味日常の風景です。一方海外では、一部を除き多くの国が立ち読みを禁じているようです。(立ち読みが可能な国では、むしろテーブルと椅子、試し読み用のスペースがあったり、購読前の書籍が持ち込み可能なカフェが併設しているところもあるそうです)

 

そうした、ただでさえ見慣れない風景があちこちにあるだけならまだしも、往々にして彼らは書籍の世界に入り込んで、ものすごく集中をしている様子だそうで、外国人ゲストの多くは、なんとも形容しがたい気持ちに陥るとか。

 

 よい、悪いでは判断できない奥深さがそこにはあるようです。

 

 

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る