【実体験】初めてのホストファミリー体験談②

Pocket

【ホストファミリー詳細】

家族構成;御夫婦と三男

立地:横浜市内 駅から徒歩5分

ホームステイの受け入れ経験:無し

【外国人ゲスト詳細】

アメリカ人 ハワイより マナ(16歳 女子高)

イタリア人 カーラ (19歳 大学生)

滞在期間 4週間

受入先 日本語学校

076527

【インタービュー】※JH = 日本ホストファミリー養成協会

JH「Mさんお忙しい中、ご協力に本当にありがとうございます。

  早速ですが、ホストファミリーで外国人を受け入ようと思ったきっかけは?」

Mさん「JHのセミナーを受けて、私にも出来そうだと思い家族と話合いました。私の両親の面倒を妻に見て貰っているので家族の負担 が増えますのでよく話し合いをしました。」

JH「受け入れのご準備は?」

Mさん「空き部屋を整理整頓して殆ど何もせず準備を始めました。まずは学生からと思いEFから6月末よりスタートしました。妻にはこれが良かったと思います。普通に家族が一人増えるだけですから」

JH「受け入れの初日は如何でしたか?」

Mさん「ハワイの子もイタリアの子も初めてとは思えぬ感覚でした。」

JH「コミニケーションはどうでしたか?」

Mさん「ハワイのマナは案外スムーズでした。10日目位で何も話さなくなりギスギスしましたが三男が彼女の話を良く聞いてあげたのでオープンハートになり、一件落着です。イタリアのカーラもスムーズでした。良く日本語を勉強して来てました。」

JH「お食事はどんな感じでしたか?」

Mさん「ハワイのマナは朝はコーンフレークをささっと食べて出かけて行きました。何でも食べますしオヤツに夜、甘い物を食べるのが大好きでした。イタリアのカーラはベジタリアンとういう情報がなく初日は迷惑をかけましたが、翌朝より和食で何もしなくてもベジタリアンです。食事は手がかかりません。飲み物は水だけでした。」

JH「マナさんとカーラさんを受け入れて楽しかった事は?」

Mさん「マナはワイキキ生まれのサーファーなので私と波長が合い、ある日は1日海にいました。カーラはイタリアの自宅にいる感じだったんだろうなと思う。リビングでごろ寝したり、ソファでうたた寝したり。彼女達とリラックス出来る空間を共有出来てとても嬉しいし楽しいです。今まで普段家族はバラバラですがこの子達を受け入れてからキッチンで話す事がふえましたね。」

JH「ズバリ、受け入れてみて一番大変だった事は?」

Mさん「大変だと思う事、私達は何もないな我が子だから、そういう感性がないです。」

JH「受け入れをした後で何かご家族やお気持ちに変化がありましたか?」

Mさん「私と家族の変化・・・ 今までよりも更にあらゆる環境の人に対して寛容となり優しくなれたと思う。」

JH「今後も外国人の受け入れをされますか?」

Mさん「受け入れについては何時でもウェルカムです(笑)」

JH「受け入れを考えてらっしゃる方へ一言お願いします。」

Mさん「まず一歩踏み出して見て下さい。とても楽しいですから。」

11800219_877686305643614_1855976198859535436_n

【インタビューを終えて】

Mさんの素敵なおもてなしの心とホストを我が子のように思う気持ちが素敵でした。マナさんは16歳で多感な時ですからギスギスれたようですが息子さんが良くお話を聞いてあげたのが良かったですね。当たり前の事ですが相手の身になって話しを聞いてあげる事が一番とおっしゃるMさん。そこには国や言葉を越えてのおもてなしの心が通じる原点ですかね?!楽しんで外国人のゲストをお迎えをされてるMさん、ありがとうございました。

 

 

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る