【実体験】初めてのホストファミリー体験談④

Pocket

【ホストファミリー詳細】

家族構成:大野さん、奥様、4歳の息子さん

場所:埼玉県、駅からバスで15分 

ホスト経験:2014年11月から受け入れ開始

【これまで受け入れたゲスト】

国:20カ国、35人

性別:男女

年齢:16〜68歳

日本へ来た目的:日本語習得と観光(日本語学校で日本語を勉強)

期間:最初のゲストは1泊。

他は最低2泊~長くて2ヶ月でした。

スライド1

【インタビュー】※JH =日本ホストファミリー養成協会

JH 「大野さんが外国人ゲストを受け入れようと思ったきっかけは?いつ頃からどんな準備をしましたか?」

大野さん「海外旅行に行く時に自分が話す英語が全く通じず、英語を習得したいと思っていた事や自宅を貸して収入を得たいと思ったらです。

準備は最初は家にあるもので対応するつもりでしたので特に準備はしていません。あえて言うなら養成講座の受講特典のハウスガイドやハウスルールをプリントアウトしてラミネートしました。

JH「受け入れの初日はどうでしたか?」

 大野さん「最初のゲストはメチャクチャ緊張しました。日本語が全くできないゲストで待ち合わせの時間は決めていましたが一向に現れず、30分くらい待ったところで現れました。スマホのバッテリーがきれたとのこと」

JHゲストとのコミニケーションはスムーズでしたか?(楽しかった事や困った事があればお聞かせ下さい。)」

大野さん「英語しか通じないゲストの時はスマホのアプリを使ったり、パソコンで翻訳した分を見せ合ったりしました。

JH「食事の提供はありましたか?」

大野さん「朝食は付いています。トーストやロールパン、シリアルをテーブルに置いておき自由に食べてもらっています。フルーツバスケットを置いておく時もありますが

それほど食べないゲストが多いように思います。食卓ではその日の行動予定を聞いたり、夕食のリクエストなど笑いながら話しています。

JH「どんなお料理を提供されました?」

大野さん「夕食では和洋中なんでも出します。

JH「好評だったメニューは?」

大野さん「カツ煮は大体ハマります。 (揚げ物が苦手なゲストはダメでした。) ゴーヤチャンプルー、唐揚げ、肉汁うどん(旧武蔵野国の伝統的なうどん、和風だしのつけ汁につけて食べる)今年4月某局の番組ケンミンショーで出たらしい。ちらし寿司、カレーライス」

JH「あまり手をつけなかったメニューは?」

大野さん「特に無かったです。」

JH「ゲストがいて楽しかった事、良かった事など教えて下さい。」

大野さん夜、wiiUでみんなでゲームができたこと。家族3人だと盛り上がりません。。。

JH「スバリ一番、受け入れて大変だった事は?」

大野さん「大変だったというか長期の場合 どうしても慣れてくると礼儀を怠りがちになるので互いに気をつけないといけないと思う。 

JH「これからも外国人ゲストを受けれていきたいですか?」

大野さん「はい、楽しいので是非!」

JH「差し支えなければ副収入はいくらでしたか?」

大野さん「3万円〜」

JH「経費などありましたか?(みんなで外食したなど)」

大野さん「受け入れ当初は外食した時やカラオケに行った時に出しましたので、赤字になったことも。でも楽しかったのでそれはいいということで夫婦共に納得しました。」

JH「大野さんは受け入れ前と後では、どんな気持ちの変化がありましたか? ご家族は何か変化がありましたか?」

大野さん「とても楽しいのでどんどん受け入れたいと思いました。できれば長期。最近は女性よりも男性の方が楽だと思っています。

JH「またゲストを受け入れようと思いますか? これから外国人の受け入れを考えてる方に一言お願いします。」

大野さん「もちろん。 いつでもwelcomです。思っているよりも気兼ねなく楽しめると思います。最初不安はあります。それはお互い様ですのでまずは受け入れてみてください。 今まで体験できなかった世界があります。 

 

【インタビューを終えて】

埼玉県で駅からバス便の立地にも関わらず20カ国以上のゲストをお迎えしている大野さんファミリー。素晴らしいですね!さすがスーパーホストの認定を頂いてらっしゃいます。もうどんなゲストの受け入れも余裕ですね! 皆さんにこの素晴らしい体験をお伝えするべく最近、講師デビューもされまた。ゲストのお迎えの細いノウハウからこんな時どうしたらいいの?などのナルボドネ!アイデアやアドバイスが満載です。大野さんの体験を聞きたい方が是非、こちらにご登録を→ http://japanlifedesign.com/ms_mail/form_if.cgi?type=1&id=J_Host

 

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る