【毎日1分! ホームステイ英会話 vol.5 (Please)Go ahead 】

Pocket

Hello, 今週も【毎日1分! ホームステイ英会話】をお届けします。

「こんなとき、さっと言葉をかけられたら・・・」

「ちょっとした会話をしたいんだけど・・・」

外国人ゲストを受け入れていると、こんな瞬間に遭遇する経験があるかたは多いと思います。

そこで、日常の暮らしで使える『すでに知っているフレーズ』をつかって、ゲストと過ごす時間をより豊かにする、ちょっとした会話のコツをお届けします。

定番のフレーズから、ちょっとした気のきいたセリフまで使えるシーンは様々です。今日からぜひゲストととのコミュニケーションを楽しんでいきましょう!

第4回は「(Please)Go ahead」です

 

「(Please) Go ahead!」

ゲストに「どうぞ」と進めるシーンが、暮らしの中にあると思います。どちらかというと、ざっくばらんな表現ですので、家庭内で使用するにはぴったりです。文章で伝えるよりも簡易で、「please(どうぞ)」という表現より動きがあります。ただし、初対面の方や、目上の方には敬意の意味合いを込めて「Please go ahead」と表現するのが心地よいです。

 

143379

例えば食事の時、お皿の料理を取るときや食べていいのか待っているときなど「お先にどうぞ」という意味合いで使います。

お風呂や洗濯、テレビを見る順番など、ゲストから「使用していいですか?」と許可を尋ねられたときなども「どうぞお先に」という意味で使います。『お先に』というニュアンスを強める場合は「After you」という言葉も便利です。

話が盛り上がって、お互い同時に話し始めてしまったときなども「どうぞ話して」といったニュアンスで使います。

いろいろなシーンで使えるので、慣れるまではドキドキするかもしれませんが、使い始めるととても便利なフレーズです。

 

 

いかがでしたでしょうか。よろしければご活用ください。

Let us have a nice day!  See you next time.

協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る