【高校生を受け入れて】

Pocket

先日初めてタイの15歳の女子高生を2週間受け入れました。

タイの高校は今が夏休み・・・春は無いですからね。

 

一緒に来日したのは同じ高校の同級生の女の子1名と引率の先生1名でした。

女子高生2人は平日の午前は日本語学校に通います。

 

2週間のうち土曜、日曜は合わせて4日しかありません。

事前のアンケートで「スカイツリーがみたい」と書いてあったので

休みの4日間をどこに行くか考えていました。

と言っても、4日間のうち1日は学校の行事の桜の花見があります。

実質3日間です。

 

花見の前夜に日曜日の予定を聞いてみたら・・・

「先生と東京に行く」って・・・ぇ・・・今、なんて??

 ホームステイに来てタイから一緒に来た先生と東京に行く??

 

Oh! I can’t believe it!

 

先生もせっかくホームステイしてるのだからホストファミリーと出かければいいのに・・・」

と言ってしまいました。 

すると意外にも・・・

 

「私もそう思います。私はあなたたちと一緒に過ごしたい」と言ってくれました。 

結局花見で先生に会い、休みの日はホストファミリーと過ごすことを告げ振ったそうです。(笑

 

スカイツリーは悪天候のため諦め浅草へ、新宿や渋谷、原宿はあまり興味なかったみたいなので他に大宮公園、鉄道博物館、小江戸川越の蔵作りの街並みと菓子屋横丁、ジブリ美術館、吉祥寺のドン・キホーテに連れて行きました。

 

今までのゲストと違い、自分の娘のような感覚で接していましたので

彼女が帰国する前夜から妙に寂しく感じました。

それは彼女も同じように感じてくれたのか

最後は泣きながらの別れまさにウルルン

そんな純粋さが大人には無い感じで新鮮でした。

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る