ホームステイ型民泊の受け入れにオススメの国

Pocket

◆ホームステイ型民泊にはこんなお得なことも!

今週からドイツ人の女の子を受け入れています。ドイツの有名企業の日本支社でインターンシップをするためだそうですが、日本が初めてだそうで、どこをみても「Wow!」と言って、驚いています。特に電車の静けさや生鮮食品の値段の高さに驚いて、「あなたがドイツに来たら絶対にリッチになれるよ!」とジョークを言っています。

ホームステイをしにやってくる子は本当に良い子が多く、気を使い屋さんばかりです。お土産は欠かさずに持ってきてくれます。今回は妻や子供たちのために、大量のサプリメントとお菓子を持ってきてくれました。ドイツのグミと言えば「HARIBO(ハリボー)」と「Trolli(トローリ?)」ですが、あの硬い食感が私も大好きです。

なかには、事前に「どんなものが欲しい?」「欲しいものがあったら買ってきてあげるよ。」と言ってくれる方もいます。このように世界各国のお土産を楽しめるのもホストファミリーの魅力の1つなんです。

ドイツのお土産1 ドイツのお土産2

◆3組5人を受け入れて分かったドイツ人の特徴

これまで我が家では35カ国ほどのホームステイを受け入れてきましたが、今回のドイツ人の女の子を含めて、ドイツ人を受け入れるのは3組5人目です。3組5人を受け入れてきて、ドイツ人に共通するある特徴が分かってきました。今回は5つの特徴をまとめてみました。

  1.  決まり事をとても大切にして、厳密に守る一面があります。ですので、受け入れ前の事前のやり取りでも、ハウスルールを細かく聞いてきたり、条件を細かく確認してきます。良い意味でも悪い意味でも、文章で規定された事を非常に重視する傾向にあるようです。そのため、ドイツ人を受け入れる場合は、ハウスルールを決めておくと良いでしょう。
  2.  ドイツ人はとっても合理的だなと思いました。たとえば、こんなことがありました。5ヶ月間滞在するために電車の定期を購入する際、「1ヶ月×5回」「3ヶ月×1回+1ヶ月×2回」「6ヶ月」買うのではどれが一番お得なのかを、きっちりと計算していました。
  3.  ドイツ人は自己主張が強いなと感じました。自分が正しいと信じることは、固くなに主張してきます。あらかじ分かっていないとびっくりするぐらい、自分というものを持っています。
  4.  子供の面倒をとても良く見てくれます。学生の頃にベビーシッターのアルバイトをすることが多いそうで、子供の面倒を見るが上手で、良く面倒を見てくれます。妻も私も大助かりで、英語の勉強を教えてくれたりもしました。
  5.  ドイツ人は日本人に似ているところが多いなと思いました。真面目と言われる日本人から見ても、ものすごい生真面目さと頑固さを持ってます。かと思ったら「えっ?」と思う軽さがあったりもします。

13228151_1017871551630012_1166240175_n

◆ドイツ人の受け入れは安心

自己主張は強すぎるなと感じることはありましたが、ルールはきっちりと守りますし基本的に真面目です。英語も上手な人が多いですし、子供の面倒を本当に良く見てくれます。ホームステイ型民泊の場合は、自宅の1室に受け入れて、共同生活をするわけですから、ドイツ人は安心できるかなと思います。

ドイツ人と一言に言っても、出身はいろいろだったり、人種も性格も違ったりします。それでも、Airbnb(エアービーアンドビー)などで、ドイツ人から問い合わせがあったら、積極的に受け入れる方向で考えられる国の1つかなと私は考えています。

▶︎メール講座(無料)のお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る