世界中のAirbnb(エアビーアンドビー)利用者が注目する日本

Pocket

◆Airbnb利用者の10%が日本に滞在

Airbnb Japanが2016年11月16日に発表したプレスリリースによると、日本に滞在した外国人観光客(インバウンドゲスト)の数が、2016年だけで300万人に達したとのことです。

そして、Airbnbを利用して宿泊する人の10%が日本に滞在した計算になり、世界の中でも「最も急成長を遂げている市場」としています。

 

◆急成長の背景には、「体験」というニーズが

このプレスリリースによると、Airbnbのグローバルポリシー&パブリックアフェアーズ(公共政策)責任者 クリストファー・レヘイン(Christopher Lehane)は、以下のように述べています。

「日本には、世界中から来る旅行者を虜にさせる魅力的な文化や歴史があり、2016年のAirbnb利用のインバウンドゲスト数がすでに300万人を突破したことを嬉しく思っております。 日本は、最も人気が高く、急成長を遂げている国の1つです。今までに体験したことのない冒険や地域密着の体験を求める観光客が増加していることを受け、我々は今後も市場の成長のために注力してまいります。」
引用元 Aribnbプレスリリース「Airbnb利用のインバウンドゲストが300万人を突破」より http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000016248.html

◆ホストファミリーができること

Airbnbに限りませんが、海外から日本にやって来て一般家庭に寝泊まりする人は、私達が普段いつも何気なくやっている日本の生活様式そのものが「体験したことのない冒険」になります。

東京でしたら山手線や中央線の通勤ラッシュでさえ「地域密着の体験」になり、「貴重な体験」になります。「アンビリバボーな電車だったよ!?」といってむしろ喜んでいます(笑)。

もちろん民泊ではなく、ホテルを利用しても通勤ラッシュは体験できるかもしれません。でも、ホストファミリーと一緒に体験談を共有することが楽しいのです。

ひょっとしたらホストファミリーのお一人お一人が、通勤ラッシュの思い出や通勤ラッシュでも快適に乗るコツをシェアしても盛り上がりますよね。通勤ラッシュのタブーやマナーを教えながら、「ありえないー」などと会話も盛り上がります。

私たち日本人にとって日常のほんの些細なことまで、外国人にとってはアミューズメントになり、外国人観光客が求めていたものになるのです。

 44c4d738128c48d954f4f9647f57a06c_s

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る