今だから言える、留学前にやっておいた方がいい準備(3)心の準備編

Pocket

「いつか留学してみたい」という気持ちがある人はたくさんいると思います。
でも実際に留学までたどり着く人はあまり多くありません。

そこで今回は、本当に留学を実現するには、どんな心持ちで準備したらいいかを書きたいと思います。

 

1.「絶対に留学する」と決心する

まず、「絶対に外国へ行く」と決心することが一番大切だと思います。
「もし行けたら行きたい」や「条件が合えば行きたい」という心持ちでは、なかなか実現しません。
これまで何名かの留学相談を受けましたが、本当に留学を決めて海外に羽ばたいていった方々は前者でした。
逆に最初の相談メールで、後者のような書き方をされた方々は、何かと理由をつけて留学をどんどん先延ばしにし、結局「タイミングが合わなかった」という理由で留学しない傾向にありました。

 

2.出発日を決める

最初は大体の時期でも構いませんが、できるだけ早めに出発日を決めてしまいましょう
理想は飛行機のチケットを取ってしまうことです。
そうしたらもう何があっても、その日に出発しなければならなくなります。
「来年の春ぐらいかな」では、2月が3月になり、気がついたら春が終わってたなんてこともあります。
出発日を決めてしまえば、その日に向けて必要な準備をせざるを得なくなるので、怠け癖やサボり癖のある人には特にオススメです。

 

3.留学しようと思っていることを公言する

留学の意思を友達や家族に公言することで、実現しやすくなると思います。
「一度口にしたことは簡単に取り消せない」という気持ちや、「言ったからには行かなきゃ恥ずかしい」という気持ちになるからです。
できれば出発時期も含め、周りに言いましょう。

 

4.だれでも100%苦労する

外国へ行ったら、言葉や文化の違いで誰でも絶対に苦労します。
逆に苦労があるから人間的にも語学も成長があるのだと思います。
苦労すること前提で気持ちの準備をしていれば、留学前の不安な気持ちはいくらか和らぐし、実際に留学先で大変な思いをしても、「想定内」として捉えることができるでしょう。

 

以上、今回は留学前の気持ちの準備編でした。

海外経験は島国日本にいるだけではできない貴重なものだと思います。
ぜひたくさんの方々に経験していただきたいです。

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る