今だから言える、留学前にやっておいた方がいい準備⑩携帯電話編

Pocket

日常生活で手放すことのできない携帯電話スマートフォン。海外では、全く知らない土地を歩くときにGPSは絶対に必要ですし、言葉が通じないときは翻訳機能も私たちを助けてくれます。
今週はそんな留学必需品である携帯電話を海外でどうやって使うか、ご紹介したいと思います。

 

1、いらないと思っていた携帯電話

私がスウェーデン留学を開始したのが2011年。ちょうどスマートフォンが出てきた頃で、日本では周りの友達がガラケーからiPhoneに買い替え出した頃でした。
私はずっとガラケーを使っていましたが、使う機能は電話とメールが主でした。
留学する際に日本の携帯電話を持って行ったとしても、日本への通話は絶対にすごい金額になるし、まだ現地に電話で話すような友達もいないし、むしろスウェーデン語で電話かかってきても困るしと思い、携帯電話は持って行かない、そして留学先でもいらないと思っていました。
当時はガラケーにwifiを繋ぐ機能もなかったので、インターネットを利用するときは基本パソコン、スカイプもメールもパソコンがあれば十分だと思っていました。
ですから、日本で使っていたガラケーは解約し、留学先での携帯電話も何も手配せずに出発しました。


 

2、やっぱりあると便利な携帯電話

以前にご紹介させていただいたように、私は留学の最初の1ヶ月はホームステイをし、ホストファミリーにお世話になりました。
ホームステイ初日の夜、ホストファミリーと色々なことを話しているときに、「携帯電話は持っているか?」と聞かれました。私は「スウェーデンで使える携帯電話は持っていない」というと、「うちに使っていない携帯電話が何台もあるから、一台あげるよ」と言ってくれました。私は内心、多分必要ないなと思っていましたし、当時は極貧留学だったので、あまりお金をかけたくないという思いもありました。でもせっかくのご厚意だったので借りることにしました。
ホームステイを開始して数日はホストファミリーも夏休み中だったので、家族の誰かしらと行動を共にしていたのですが、一週間も過ぎると、一人で行動することが増えていきました。そんな時に、「何時に帰る?」とか「晩ご飯◯◯だけど好き?」とか、ホストファミリーとの何気ない会話を携帯電話でできたり、SMSで送れたりと、やっぱりあると便利だなぁと思いました。
それにホストファミリーはいつも「もし何か困ったらすぐに電話しなさい。」と言ってくれていたので、不安が軽減され本当に心強かったです。


 

3、契約いらずのプリペイド式

さて、私が気になっていた携帯電話の料金ですが、日本と比較した時に、圧倒的に安くてびっくりしたのを覚えています。
当時はホストファミリーから借りたガラケーに、プリペイド式のSimカードを入れてプリペイド携帯に設定してもらい、都度チャージして使っていました。ですが、私はほとんど携帯電話でインターネットをしなかったので、チャージは月に1回。毎月75クローナ(当時のレートで約1100〜1200円)でした。これで通話とSMSはし放題。今はスウェーデンで友人に譲っていただいたiPhoneを使っていますが、それもプリペイド式で月99クローナ(約1300円)です。いろいろなプランが選べますが、私が利用しているのは、通話が月200分まで、SMSは無制限、インターネットは1GBまでです。


 

4、Free wifiを利用すべし

上記した私の利用しているプランでは、インターネットは毎月1GBしか使えません。私はあまりスマホを見ない人間なので、全く問題ありませんが、よくSNSを見たり、調べ物をする方には少ないかもしれません。
でもヨーロッパは、日本よりはるかにFree wifiが利用できるところが多く、それを使っていれば意外と1GBは使い切らないものです。
街の中心には街のwifi飛んでいて、カフェや公共の乗り物にも当たり前のようにFree wifiがあります。
節約したい方は、緊急時のみプリペイド分のインターネットを使い、調べ物やSNSはこれらのFree wifiや滞在先のインターネットを利用するといいと思います。


 

5、自分のスマホを海外で使うには

今日本で使っているスマホを留学先でも利用したい場合は、SIMロックを解除するか、SIMフリーのスマホを購入するといいと思います。SIMロックが解除されていれば、プリペイド式のSIMカードを入れるだけですぐに利用できます。また上記したように低価格で利用することができます。

長期留学の方は、留学先でスマホを購入し、契約するのも手ですが、日本と同じで基本的に2年契約ですし、銀行口座やその国のIDカード(パスポートではダメな場合も…)やIDナンバー(日本のマイナンバー)がないと契約できないこともあります。ですので、スマホがすぐに必要な方は、SIMロックが解除された本体を持っていくことをおすすめします。


 

6、海外のスマホを日本で使うには

反対に、海外でスマホを購入してそれを日本で使う場合も、SIMロックを解除しておけば利用可能です。
私も日本に一時帰国する際にいつも利用していますが、日本でも海外からの旅行者向けにプリペイドSIMが販売されています。
私のiPhoneはSIMロック解除済みなので、いつも利用していますが、大体3000円ぐらいのプリペイドSIMで2週間ほど利用可能です。
家電量販店や国際空港、Amazon等で購入可能です。
但し日本のプリペイドSIMは、インターネットのみの利用で、電話番号は付帯されていません。ですが、アプリの進化のおかげで、wifiさえ使えれば、電話番号がなくても問題ありません
海外の方をホストとして迎える時や、海外からの留学生のお友達をサポートする時におすすめしてあげてください。その際に重要なのは、「SIMロックが解除されているか」です。


 
以上、携帯電話編をお届けしました。
私はもしホストファミリーが留学初期に携帯電話を貸してくれ、設定等をしてくれていなかったら、何ヶ月も携帯電話なしの生活になっていたかもしれません。
プリペイドSIMもたくさんの会社やプランがあるので、初めは分かりにくいと思います。
ホストファミリーやお友達など、現地の方に助けてもらいながら設定してみてください
 
反対に、海外からのお客様を迎える時には、ぜひ力になってあげてください
私も4年ほど前、ちょうど一時帰国した際にスウェーデンから日本に留学に来た大学生の携帯電話の契約を手伝いましたが、家電量販店で対応してくださった店員さんは英語が全くできず、料金プランのチラシも日本語のみで、日本に来たばかりの留学生一人ではなかなか難しいなと感じました。
 
携帯電話やスマホがあれば、いつでも日本にいる家族や友達と連絡が取り合え、お互い安心できます。ぜひ海外で使う際の参考にしていただければ幸いです。

ではまた!

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る