英語が話せるようになるには2000時間が必要!?

Pocket

◆英語が話せるようになるには2000時間が必要!?

 三軒茶屋インターナショナルスクールで、当協会の理事とともに講演する機会をいただきました。

 三軒茶屋インターナショナルスクールは、簡単に言うと「英語学童」です。小学校や幼稚園が終わって、家に帰宅するまでの間に子供たちを預かり、ネイティブのスタッフと一緒に英語を話したり学んだりしながら毎日を過ごします。

 代表の和田麻里子さんは、語学習得には10歳までに2000時間が必要とおっしゃっています。しかし、日本にいるとなかなか難しい。子供を留学させるには膨大なお金がかかる。日本にいながらでも子供たちに英語に触れさせる機会を作りたいと、この学校を設立されたそうです。

 今は生徒が溢れるほどの人気で、ほとんど新規入学の告知もせず、入学を待って頂いている状態とのことです。

三軒茶屋インターナショナルスクール

160414topimg01

◆自宅に英語実践の場があれば・・・

 そして、和田さんとお話しした際に、「生徒さんが、家に帰っても英語を実践できる環境があれば、もっと最高ですよね。」「親子で英語を実践すれば、子供ももっと英語や世界に興味を持つはず」とおっしゃってくださいました。

 さらに、月5万円~の「副収入」まで入ってしまう。英語教育には、お金と時間が必要ですが、その両方を同時にクリアできてしまうのはいいと、共感をしてくださり、講演の機会をくださったのです。

 開催当日は、子育てを真剣に考えるお母さんやお父さんを中心に、10名以上の参加がありました。「我が子のために」と、わたしの話しを真剣に聞いてくださいました。

 ご参加いただきまして、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

13221638_600515293455472_3853097546536760639_n

13173772_600515320122136_4577253638656472568_n

============================

 ■ ご参加いただいた皆様の声

============================

ホームステイ型民泊をぜひ始めてみたいと思いました(30歳・女性)■

 Airbnbについて、保証や決済(自動入金)があるといった点が、気づきになりました。思ったより安全で安心しました。ホームステイ型民泊をぜひ始めてみたいと思いました。

こんなに身近にあることに驚いた(39歳・女性)■

 ホストファミリーを受け入れる機会がこんなに身近にあることが驚いた。子供が小さいのですが、タイミングが良い時に体験できればいいなと考えています。

是非ともエントリーをしていきたい(42歳・女性)■

 「視点を変えて」をポイントとして、ホストファミリーや民泊をもう少しハードルを下げて検討できるかなと思いました。是非ともエントリーをしていきたいので、Airbnbも含めて、リサーチして登録したいと思いました。

IMG_5349

◆何でも質問できるお茶会を開催

 ホストファミリーを始めたい方のために、様々な疑問や不安にお答えする茶話会を開催いたします。基本的なことから失敗談まで、どんなご質問にもお答えしていきます。

・興味はあるけど、本当にできるのか?

・鍵やお金の管理、盗難など、安全に運用できるのか?

・トラブルはないのか?

・どんな人が来るんだろう?

・ホストファミリーを始めるには何をしたらいいのか?

・初期投資はどれくらい必要なのか?

・実際にやってる人はどんな暮らしをしているのか?

 機会がありましたらご参加ください。

日程はこちらで確認できます ⇒ お茶会スケジュール

お茶会

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る