質問19:外国人を呼ぶ前に町の観光地としての整備が必要だ

Pocket

ご自宅で、ホームステイ型民泊の受け入れに取り組む中で、

疑問に思うこと、困っていることに

経験豊富な協会メンバーが、Q&A方式でお答えします。

Q.外国人を呼ぶ前に町の観光地としての整備が必要だ

A.観光目的で外国人を呼び込むのであれば、その通りかもしれません。私の考え方はまったくの逆ですが、そういった考え方もあるでしょう。

おっしゃる通りすべてが大げさな話しに聞こえますが、これをきっかけに町おこしをするのも良いかなと思います。

ただ1つ言えることは、日本を訪れる外国人は観光だけが目的ではないといことです。

「留学(学び)」と「就労」で滞在する外国人もいます。その場合、観光地として整備するのは、時間もお金も無駄となってしまいます。観光が目的でないならば、整備は必要無いからです。

質問者様が、「なぜ外国人を受け入れするのか?」「どんな外国人を受け入れたいのか?」、今一度目的を明確化してみると良いでしょう。

ホストファミリー養成2級講座を受講された方は、「目的の明確化」のパートを復讐してみると良いでしょう。

◆事実か意見かを見極わめる。

新しいことをしようとすると、必ずいろいろなことをアドバイスしてくださる人がいます。これはとても有り難いことです。

その場合、とても重要なことは、アドバイスはその人の「意見」なのか、その通りの「事実」なのかを、まず見極めてください。

「事実」- 何らかの証拠によって存在が証明できるもの。

「意見」- 事実に基づいている場合も、そうでない場合もあり得るもの。

そのアドバイスが、単なる「意見」なのであれば、特に反論する必要はありません。「アドバイスありがとうございます。」と答えて、「なるほど!そういう意見もあるんだな。」と見識を深めればいいかなと思います。

もしそのアドバイスが、本当に「事実」なのであれば、貴重なアドバイスをくれたことに感謝をしつつ、アドバイスに従うか、あえてアドバイスと違うことをするかの選択をすれば良いと思います。

こう考えると、どんなアドバイスも無駄なものは無いから不思議ですね。

◆最後に・・・

あなたがワクワクすることをやろうとすると、なぜか足を引っ張る人が出てきます。猛烈に反対する人がいたり、あなたに嫌がらせをする人もいます。あなたの覚悟を試すかのように。

しかし、あなたは選ぶことができます。そこで立ち止まってしまうことも、それでも前に進むことも、どちらでも選択することができます。あなたを意思を縛ることは誰でもできません。

大丈夫です。安心して信じる道を行かれてください!

いかがでしたでしょうか。

ホストファミリーに寄せられる関心はあらゆる視点があります。これは大きな可能性がある裏返しでもあるのではないでしょうか。町おこしのために!と頑張りすぎる必要もまったくありません。なぜなら、様々なゲストと日常を楽しみ、交流を深めていくうちに、家庭のこと、自分が住む街のこと、日本のこと、そして世界のことへと視点がおのずと広がっていくからです。ゲストと、そして街の方とも交流が深まっていくこともありますから、ぜひ楽しんでスタートしていただけたらなと思います。

 

よろしければご参考ください。

協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る