質問26:子供の料金設定はどうされていますか?

Pocket

ご自宅で、ホームステイ型民泊の受け入れに取り組む中で、

疑問に思うこと、困っていることに

経験豊富な協会メンバーが、Q&A方式でお答えします。

Q.子供の料金設定はどうされていますか?

A.まず最初に、当協会では、未成年者(主に高校生以下)の受け入れを推奨しておりませんホームステイの受け入れに慣れていないご家庭の場合、未成年者はいろいろと問題や責任が生じるからです。手間もかかります。
なお、受け入れに慣れてきたご家庭は、未成年者を受け入れることもありますが、料金は特に大人と同じケースが多いです。

 

一方、お子様のいるご家庭を受け入れるするときは、子供料金を設定する場合もあります。ご家庭によって違います。

私もお子様のいるご家族のゲストを受け入れる時が、1年に1回ぐらいはあります。昨年夏、ドイツ人の夫婦と3歳のお子さんのいるゲストを受け入れしました。その場合は、子供料金は特に頂いていませんでした。

いかがでしたでしょうか。

「未成年」をゲストとして受ける場合は、料金やサービス面だけでなく、その責任の範疇や安全性の確保など、大人を受け入れることとは全く異なります。
加えて、未成年の定義が国によって異なるため、飲酒や喫煙、外出のルールも事前に確認しておくことはもちろんのこと、ホストの家庭としてのハウスルールもきちんと共有しておく必要があります。

もちろん、年齢にかかわらずホームステイの体験は、ゲストにとってもホストにとっても素晴らしいものです。暮らしを快適に過ごすためにも、未成年の受け入れは、ある程度の経験のもと、段階を追って進めるのがよいでしょう。

 

よろしければご参考ください。

協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る