質問36:個人所有の自宅ですが、法人でのホームステイ活動はできるのでしょうか?

Pocket

ご自宅で、ホームステイ型民泊の受け入れに取り組む中で、

疑問に思うこと、困っていることに

経験豊富な協会メンバーが、Q&A方式でお答えします。


Q.お世話になります。
12月3日に大阪で行われた大家さん学びの会セミナーに参加した◯◯と申します。
質問ですが、送っていただいたレジメにも載っていたのですが(108ページに)、個人所有の自宅ですが法人でのホームステイ活動はできるのでしょうか?
過去質問を見させていただいたのですが回答が見つからなかったので質問させていただきました。
見逃していたならご容赦ください。
ご回答よろしくお願いいたします。

A. ご質問ありがとうございます。

先日、大阪で開催された大家さん向けのセミナーに参加された方からのご質問です。※参加者には特典としてレジメを配布させて頂いておりました。

ご質問頂いている「法人でホームステイ活動」については、Airbnbなどで宿泊料を得る際に、法人の口座で受けたいということでよろしいでしょうか?

もう少し詳細をお伺いしないと何とも言えないのですが、「法人での活動」を「法人の口座で宿泊費を頂く」という意図で捉えて、回答させていただきます。もし違うようでしたら、またあらためてご質問頂ければと思います。

外国人受け入れするために、Airbnbに登録する場合も、大学や日本語学校にホストファミリー登録する場合も、法人として登録することはできません。しかし、宿泊費を頂く口座は、個人でも法人でも特に制限はありません。

従って、「法人の口座で宿泊費を頂く」という意味では、法人でホームステイ活動は可能です。

ただ、ホームステイを受け入れにかかった費用を、経費として扱いたいようでしたら、個人で受け取られるのが良いと思います。たとえば、水道光熱費や食材費や生活雑貨費など、外国人が使用した割合を経費とすることができますが、その場合は個人となります。

参考になれば幸いです。

協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る