質問43:かかった費用を、ゲストと折半するのは、法律的に問題がありますでしょうか?

Pocket

ご自宅で、ホームステイ型民泊の受け入れに取り組む中で、

疑問に思うこと、困っていることに

経験豊富な協会メンバーが、Q&A方式でお答えします。

 
Q:いつもお世話になります。

ホストをしていると自宅で一緒に夕食を食べたり休日には自家用車で観光したりするケースで実費のみシェアするのは法律的に問題がありますか?

食事や観光もサポートする事をリスティングに記載するのは問題ですか?

いつもありがとうございます。

宜しくお願い致します。

 

A.ご質問ありがとうございます。

滞在するゲストと一緒に、外出したり外食したりする場合の費用についてですが、実費を頂く分には何も問題はありません。

外国から来たゲストを、家族や友人として自宅に招くワケですから、かかった費用を折半するのは、当然だと考えるからです。年配の方がゲストの場合は、奢ってくれることもあります(笑)。

また、その事をリスティング(お部屋の紹介)に記載することも特に問題はありません。書いてあった方が、「このホストは食事提供や観光の助言までしてくれて、しかも素敵な交流ができそうだな。」と思ってくれますよね。

「強み」として外国人にアピールできるものは、どんどん記載していってください。人気ホストとして、注目が集まります。

ただし、外国人は単純に記載しても見てくれたり、読んでくれたりすることはありません。効果的にアピールするポイントと方法を、工夫すると良いと思います。

最後に、私は法律の専門家ではありませんので、あくまでも個人的な見解となります。参考になれば幸いです。

 
協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る