【子供を外国人に慣れさせる方法!!】

Pocket

ひでさちです。

今、日本はどんどん国際化が進んでいます。どんどん外国人が来日し、彼らが日本で働いています。

これから、ますますこの流れは顕著になると思われます。

こんな状況の中、
あなたは自分のお子さんに将来どうなってほしいですか?

1、外国人に話かけられてオドオドする子供でしょうか。
2、そもそも外国人との接触をさける子供でしょうか。
3、きれいな英語ではないけど、外国人にびびらないでコミュニケーションできる子供でしょうか。
4、日本人と接するのと変わらないくらいコミュニケーションとれる子供でしょうか。

私の場合、私の子供には、4は難しいにしても、3にはなってほしいと考えています。
私はこの考えから子供が9歳から英会話スクールに通わせました。
(毎月なかなかのお月謝が発生します。)
家族でグアム旅行に行ったりしました。(子供と言えど、料金は大人と同じ。ボーナス飛びました。)
でも、
英語を話すのは英会話教室のときのみ。(本読みをするから発音はよくなりました。)
外国に行っても、外国人にビビって話せず、カタコト通訳の私を使う。
そんて程度です。

一言で言うと、インタラクティブな意思疎通ができないのです。これを解消すらには、しゃべれる、しゃべれないは度外視して外国人の接することです。

では、毎日、英会話教室に通うのでしょうか。
海外に移住するのでしょうか。
海外旅行を頻繁にするのでしょうか。

どれもムリです。私にはこれらを実現するだけのお金も能力もありません。
このままだと、私の子供は『 2、そもそも外国人との接触をさける子供』になってしまいます。

そんな状況で『なんとかならないかな~』と悩んでいたときに、友人の嘉手納さんがホストファミリーになってみては?とアドバイスをくれました。

まずは、短期宿泊サイトを経由して外国人を何人か受け入れて見ました。何人かの外国人との生活を通じて、子供は少しずつですが、『外国人』と接するのに慣れてきました。つまり、外国人にちょっとビビらなくなりました。

実は私もビビらなくなりました。私のイケテイナイ英語でも理解してくれることや言葉でダメならボディランゲージで通じると思うようになりました。
私の妻は数少ない英単語と気持ちのこもった日本語で通じると思うようになりました。そして、彼女は車による通勤時間にspeed learningを聞くようになりました。こんな風に少しずつ家族それぞれの変化がありました。

さらに、私は外国人を受け入れることで、世界中に友達ができました。
(オーストラリア、シンガポール、イギリス、アメリカ、ドイツ、カナダ、スイス)
今までなら日本各地に友達がいる状態だったのですが、今度は世界レベルです。私が困ったときに助けてくれるかもしれない人が世界にいます。

私はホストファミリーになって、自宅に居ながら各国の人と出会い、いろいろな経験、友人を得ることができました。こんな経験ができるホストファミリー、あなたもやってみませんか。
『日本ホストファミリー養成協会』が支援してくれます!!

 

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。


by Transposh - translation plugin for wordpress
ページ上部へ戻る