外国人を受け入れるメリット1「毎日の食卓がまるで海外留学」

国際交流
Pocket

 前回の記事では、日本を訪れる外国人が急増し、日本の家庭で日本人と一緒に生活して日本の文化を学びたいと考えてている外国人が急増しているのにも関わらず、受け入れ先となるホストファミリーが不足していることについてお話ししました。※前回の記事「あなたがホストファミリーになることを世の中が求めている!

 われわれのところには、高いお金を払ってでも、日本の家庭にホームステイしたいという外国人が殺到しています。ホテルの宿泊では決して得られない貴重な体験を得られることを彼らは知っているからです。

行列

受け入れないなんて、もったいなさ過ぎる・・・。

 外国人を受け入れると、われわれもさまざまなメリットを受け取ることができます。これだけ外国人がホームステイしたいと言ってきているのに、受け入れないなんてもったいなさ過ぎます。そこで、外国人を受け入れると得られるさまざまなメリットを上げていきたいと思います。

「毎日の食卓がまるで海外留学」

 外国人ゲストを受け入れる際の食事は、提供しなければいけない場合もあれば、提供しなくても良い場合もあり、その家庭の方針やどこから受け入れたかによって異なってきます。私の家庭の場合、「私達家族と一緒にご飯を食べる場合は食事を提供しますよ」と伝えて受け入れています。
 
 ですので、私の受け入れたほとんどの外国人ゲストが一緒にご飯を食べます。するとどうでしょう!?毎日の食卓がまるで海外留学したかのような英語実践の場となります。日本語学校に通う留学生を受けれいた場合であれば、片言の日本語と片言の英語で、お互い勉強しながら会話を楽しみます。
 
 「今日はどこに行く予定なの?」「昨日は何をしたの?」といった日常会話から、お互いの国や住んでいる町の紹介をしたりします。

 私は「英語はスポーツ」と考えています。水泳選手が、泳ぎ方の勉強をしただけでは泳げるようにならないのと一緒で、英語も実践しないとほとんど話せるようにはなりません。受験英語が得意だったのにも関わらず、まるで英語を話せるようにならなかった私が痛感していることです。

水泳
 それが、毎日の食卓が英語実践の場になるとどうでしょう!?英会話があまり得意ではなかった私が、3日もしてくると、ちょっとづつちょっとづつ話せるようになってきたのです。自然と英語が出てくるようになったのです。自然と上達してきたのです。
 
 自然と上達するのは会話だけではありません。「今日の晩御飯はどうする?」なども、LINEやFaecbookやメールでやり取りしますので、自然と読み書きもできるようになってきたのです。
 
 それはまるで、日本にいながら海外留学したような貴重な経験をもたらしてくれるのです。

国際交流

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る