日経マネー5月号の民泊特集に掲載されました。

Pocket

2016年3月に発売の日経マネー(日経BP社)の民泊特集に、代表理事の嘉手納と、Airbnb(エアービーアンドビー)アドバイザーとして当協会に携わってもらっている阿部の記事が掲載されました。

日経マネー

 

日経マネーという雑誌は、ご存知の方も多いかと思いますが、雑誌名にマネーとあるようにお金に関する雑誌です。最近の民泊は「お金稼ぎ」の色が強く、当協会の理念とずれるため、当初は取材を受けようか迷いました。しかし、日本経済新聞社グループですので信頼度があり、いわゆる「楽して儲かる」系の話しではなく、真面目なお金の雑誌ということもあり取材を受けさせて頂きました。

日経マネー1

 

もちろん「お金稼ぎ」が悪いとは思っておりません。ゲストに喜んでもらい、長く続けていくには、しっかりとお金を頂くことが大切だと私も考えております。お小遣い稼ぎとしても決して馬鹿にならない収入があります。毎月のお給料の他に、月5万円〜10万円のお小遣いがあったら嬉しいですよね。しかし、あまりにもお金にフォーカスし過ぎて、本来の民泊の魅力を見失ってしまって欲しくは無いのです。

日経マネー2

 

今、民泊やAirbnb(エアービーアンドビー)には、2種類のタイプがあります。1つは、アパートやマンションの使われていない1室を旅館やホテルのように貸し出す「投資型民泊」。もう1つは、自分たちの住んでいる自宅の1室 or スペースを貸し出す「ホームステイ型民泊」。私はこの「ホームステイ型民泊」に大きな魅力を感じています。

 

今回の日経マネーの取材では、ホームステイ型民泊」の魅力について、すべて語らせてもらいました。話しがあっちゃこっちゃに飛んでしまったにも関わらず、ライターさんが見事にまとめて素晴らしい記事を書いてくださいました。たった690円でいろいろと勉強になる記事が満載ですので、ぜひご覧になってみてください。

日経マネー3

 

【重要なお知らせ】

当協会では、「ホームステイ型民泊」について、安全に正しく始める方法を教えています。ぜひご興味がありましたら、お茶会やホストファミリー養成入門講座にご参加ください。私を始めとした経験豊かな認定講師が、失敗談も交えてお話しさせていただきます。実際にAirbnb(エアービーアンドビー)で受け入れていた部屋をご紹介しますので、「えっ!?ここが!?」と驚かれると思います。直近ですと、3月25日(金)14時〜16時にお茶会を開催します。

▼お茶会の参加はこちら → 申し込み

なかなか予定が合わずご参加いただけない場合は、無料のメール講座にご登録いただくといいかなと思います。「ホームステイ型民泊」の初めの一歩について教えたり、有料セミナーの音声や動画を配布しております。

▼ご登録はこちら → 無料メール講座

IMG_8251

(ホストファミリー養成入門講座より)

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る