質問13:日本語を覚えようとしない学生さんは、日本語を覚えないままでもいいでしょうか?

Pocket

ご自宅で、ホームステイ型民泊の受け入れに取り組む中で、

疑問に思うこと、困っていることに

経験豊富な協会メンバーが、Q&A方式でお答えします。

Q.日本語を覚えようとしない学生さんは、日本語を覚えないままでもいいでしょうか?

 半年滞在で日本語学校通い2か月めで一向に日本語を覚えようとしない学生さんは「日本語を話しましょう。」などアドバイスされますか?日本語を覚えないまま、そのまま楽しく生活して頂ければ良いでしょうか?

A. いますね、日本語を学びに来たはずなのに、日本語をまったく覚えようとしない学生さん(笑)。

 せっかくお金をかけて日本に滞在しているのだから、日本語をマスターして帰ればいいのにと思いますよね。逆に我が子を海外へ留学させた時のことを考えるとほっておけません。

 しかし、こればっかりは本人の意思に任せるしか無いようです日本語をマスターする目的が無いとモチベーションが上がらないですし、日本語も向上しません。我々ができることとしては、日本語をマスターする必要性を与えてあげるぐらいだと思います。

 我が家では、子供たちが日本語でどんどん話しかけます。さらに、電子ペンで絵を挿すと英語と日本語の音声が流れる絵本をゲストに見せて、一緒に勉強したりしています。また、私の母やお義母さんは英語がまったく話せませんが、日本語でも遠慮なしにどんどん話しかけます。

 このように、ゲストに少しでも日本語を覚えてもらって帰って欲しいと思うようでしたら、日本語を話さざる負えない環境に持っていくというのも1つの手かなと思います。

S__21037059

いかがでしたでしょうか。

長期滞在や語学学習が目的のゲストであっても、語学力習得のプロセスや関心、そしてきっかけはさまざまのようです。ホームステイの魅力は、日常にたくさんの日本体験があることですから、それらを「共に楽しむ」という姿勢が、自然と語学力アップにつながるのかもしれませんね。「あなたの国ではどうですか?」など質問をして、会話のきっかけを作るのもいいかもしれません。

 

よろしければご参考ください。

協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る