質問15:子供(小学生、中学生、高校生)のゲストは、希望の滞在期間はどのくらいですか?

Pocket

ご自宅で、ホームステイ型民泊の受け入れに取り組む中で、

疑問に思うこと、困っていることに

経験豊富な協会メンバーが、Q&A方式でお答えします。

今回は、前回の質問に引き続き、未成年者の滞在についての質問です。

Q.子供(小学生、中学生、高校生)のゲストは、希望の滞在期間はどのくらいですか?

子供(小学生、中学生、高校生)のゲストを中心に受け入れをしようと考えているのですが、希望する滞在期間はどのくらいが多いのでしょうか?短期から長期まで、さまざまありますでしょうか?

 

A.はい、1日の短期から、3年の長期まで、幅広い期間の希望があります割合として最も多いのは、夏休みの間だけといった、2週間~1ヶ月ぐらいの期間が多いイメージです。

ただ、未成年者の受け入れに関しては、ホストファミリーの経験が浅い方には、日本ホストファミリー養成協会ではオススメしていません。受け入れる側の「負担」「責任」が大きいからです。

 

おっしゃるように(前回質問)ホストファミリーのお子様の年齢と、ホームステイをする外国人の年齢が近い方が、兄弟、友達のように遊んでくれることもあります。私は16歳のデンマークの男の子を受け入れたことがありますが、空手を息子に教えてくれたり、お兄ちゃんのようにとてもよく遊んでくれました。

しかし、多くの場合、思春期や成長期の子供は、自分の子供でも難しいところがあります。ましてやまったく違う文化や習慣で育てられた子供を受け入れることは、かなりレベルが高いことだと感じています。

 

たとえば、デンマークではお酒の年齢制限は特に無いそうで、高校生ぐらいかお酒を飲んでいる友達も多いとか。もしそんな子供がホームステイにやってきて、外でお酒を飲んで問題になったら大変です。もちろん受け入れ時に説明はしますが、頭で理解できても、多感な時期ですから、難しいところもあるでしょう。

このような様々なことを考えると、ホストファミリーの経験が浅い方には、日本ホストファミリー養成協会ではオススメしていないのです。

 

いかがでしたでしょうか。

ホームステイは、ゲストもホストも日常で貴重な体験をすることができます。暮らしの中では、お互いの常識や、ルールが共有できないものでもありますから、ゲストが未成年の場合は、はじめにハウスルールとともに門限や飲酒などについてきちんと伝えることが必要です。(ちなみに、言葉が話せなくても、写真や文字を使うことができますし、こうしたことをホスト自身が家族で話し合う機会にもなります。)

とはいえ、責任問題は大きいですから、未成年の受け入れはよく検討するのがよいでしょう。

 

よろしければご参考ください。

協会では、引き続きみなさまからの質問をメールマガジンにてお待ちしています。

メールマガジンでは、民泊に関する情報、ホストファミリーとしてのコツやヒントを毎週お届けしています。

ぜひ、この機会にご登録ください。

▶︎メールマガジンのお申し込みはこちら

メール講座

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る