【外国人あるある(52) 慣れると、むしろ心地よい・・ 】

Pocket

はじめは誰しも耳障りと感じるようですが、最終的には完璧なまでに身につけているようです・・・

un_2

un_3

un_4

 日本人と会話をしていて、とかく耳に残る言葉の中に電話の時の「もしもし」と、会話の時の「うん、うん」が挙げられます。さして、ジェスチャーもなく、呪文やお経のように感じるゲストもいるくらいです。

 

しかし、これらは生活の中に根付いているからか、一定の期間を過ぎると、どのゲストも同じように相槌を打っていたりします。タイミングもバッチリです。

 

 ゲストもホストも、お互いの習慣を受け入れ、取り入れ、試してみる。その先には、とても心地よいコミュニケーヨンの場と、「家族」のようなくつろいだ環境が築かれています。1日2日では得られない、積み上げられた暮らしの中から生まれる醍醐味です。

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る