イスラム教徒のお客様

Pocket

◆ゲストを安心させるには?

一般的に、人は、自分とは違う人のことを警戒する傾向にあります。これ自体は、仕方がないことでしょう…全く警戒心がなく関わると失敗するでしょうから。

警戒しているだけならまだしも、何が同じで何が違うかを理解しないで、ただただ遠ざけてしまうことも、多々あります。

日本語ではない言葉を話しているというだけで警戒したり、肌の色が違うというだけで警戒したり、食生活や信条が違うだけで警戒したり…

この警戒そのものは仕方ない部分もあるのですが、それがちょっと度が過ぎると大変なことになります。

違いを認めて、お互いの違いを尊重できれば、差別のない世の中を実現するのに一歩前進できるかもしれません。

ホストファミリーとしてホームステイを受け入れることになると、受け入れる前にホームステイに来るゲストの文化的な背景を多少は予習する人が大半です。

ゲストの出身国は、どんな言語が使われているのだろう、ゲストの出身国では、何が特選品なのだろう、ゲストの出身国で人気のある人で日本人にも馴染みのある人はいないか、などなど。

見ず知らずの国に出掛けて、自分の故郷で知っているものと出会うと、嬉しいものです。海外旅行で出掛けた国に日本車が走っていたり、日本の企業の看板を見つけると嬉しいものです。

それと同じくホームステイに来るゲストも、ホームステイ先の家庭に自分の故郷で馴染みのある何かがあったら、どんなに安心するでしょうか。

 

◆世界三大宗教を言えますか?

ところで皆様、世界三大宗教を3個とも言えますか?

キリスト教と、仏教と、…?

日本で生まれ育つと「神道?」と思う方もいるかもしれません。でも神道は世界三大宗教にカウントされていません。

神道でないなら、イスラム教かヒンズー教か、はたまたユダヤ教か…と思う方もいるかもしれません。そうです、正解に近づいてきました。さて、正解は、どれでしょう。

正解はイスラム教です。

でも日本にいると全くと言っていいぐらい、イスラム教のことを知らないで過ごす人が多いのではないでしょうか。それこそ「イスラムってテロ?」とさえ思う人もいるかもしれません。

 

◆イスラム教徒ってそんなに多いの?

日本にはイスラム教徒が5万人程度しかいないと言われています。登録されていない信者をカウントしても20万人ぐらいだと言われています。

日本の人口が1億2千万人であることからすると、実に微々たる人数です。どれぐらい微々たる人数かというと、1万人の日本人のうち3人ぐらいです。普通に日本で生活しているとイスラム教徒の知り合いが1人もいない状態で一生を終えるかもしれません。

ただ、日本が含まれるアジア全体に目を向けると、イラクやイランといった中東までいかなくても、そう遠くないアジアにもイスラム教の国が多くあります。

その証拠に、国別イスラム教徒のランキングのベスト3は、トップからインドネシア・インド・パキスタンの順です。この3ヶ国だけで6億人近いイスラム教徒がいます。インドを代表する建築物にタージマハルがありますが、タージマハルはイスラム教の建物です。

世界中で見ると4人に1人はイスラム教徒です。そしてイスラム教徒の6割強がアジアに住んでいます。2000年頃に流行した「世界がもし100人の村だったら」になぞらえると、100人のうち15人がアジアに住むイスラム教徒です。

 

◆イスラム教徒の訪日観光客が急増中!

これだけの人数がいるイスラム教徒を無視しては、いられません。2020年のオリンピックに向けて、あるいは観光立国として、はたまた単なるマーケットとして、日本にやって来るイスラム教徒を見逃すわけにはいきません。

ホームステイを受け入れるホストファミリーも、イスラム教徒を見逃す必要は全くありません。

実は、人口そのものが多いことに加えて声が大きく団体で行動する、爆買いでお馴染みの中国人観光客の影に隠れていますが、近年イスラム教徒の訪日観光客が増加中です。

インドネシア人に関して言えば、2014年は16万人だった訪日観光客が2015年には21万人と、対前年比130%です。

マレーシアもイスラム教徒の多い国ですが、25万人が31万人と、こちらも120%以上の伸びです。そもそも訪日観光客の人数そのものが伸びている中で、日本には馴染みの少ないイスラム教徒も他の国と同じぐらいの勢いで訪日観光客が増えているのです。

 

◆イスラム教徒のホームステイも増える?

観光で日本に来た後、日本の学校に通いたいというイスラム教徒がいても、おかしくありません。インドネシアやマレーシアなど東南アジアのイスラム圏からも日本の学校に留学する人も多くいます。

もしもイスラム教徒がホームステイに来たら?

冒頭にも書きましたが、自分と異なる存在に警戒してしまうのは、仕方のないことです。ただ、違いを認めて、違いを尊重できれば、無用な警戒を解くことができるはずです。

日本にやって来たイスラム教徒のうち、女性はすぐに見分けがつきます。大抵の場合、イスラム教徒の女性は頭にスカーフをかぶっていますから。
スカーフをかぶっているイスラム教徒の女性を見かけたら、ぜひ様子を伺ってみてください。実に礼儀正しく、つつましやかで、おしとやかな方々が多いことに気付くでしょう。

参考までに、一口にイスラム教徒と言っても厳格なイスラム教徒もいれば、近年では多少のアルコールぐらいはOKというイスラム教徒もいたりします。イスラム教徒同士でも自己紹介の際に「どの程度のイスラム教徒か」を確認することも多いそうです。

イスラム教徒に限ったことではありませんが、ホームステイで受け入れるゲストに、あれこれ事前に聞いておいたほうがお互いのために良いことがあります。そして、その尋ね方もコツがあります。

 

日本ホストファミリー養成協会では、受け入れる側も受け入れてもらう側も双方が安全に安心してホームステイを実現できるためのノウハウを提供しております。興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

▼資料請求はこちら

j-host%e8%aa%ac%e6%98%8e%e8%b3%87%e6%96%99

▼お問い合せはこちら

お名前または会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る