自分を磨く習い事「もう1万円あれば・・・」

Pocket

◆自分に磨きをかけて

素敵な人は、輝いています。
同じお給料でも、自分の世界を持っている人、趣味がある人は独特の魅力があります。これは男性にも女性にも当てはまります。

習い事の情報誌『ケイコとマナブ』を出しているリクルートが調べたところ、大人が趣味や習い事にかける費用の平均は月1万円で、7割の大人が1万円前後の月謝を払っているとのことです。

 

◆健康とお金

健康に気を配る人でしたら、スイミングやトレーニングジムに通うのも良いでしょう。健康的で若々しく見えることは、何かと有利です。
アメリカでは「太っている」というだけで昇進できないことがあるといいます。自分の健康管理ができない人が、仕事や部下に管理をできるとは思えない、というのです。また、太っている人はジャンクフードを多く食べる低所得者と見られるそうです。
もちろん、過剰なダイエットや、痩せすぎは問題です。ファッションの国フランスでは、ファッションショーに出るモデルさんで痩せすぎているモデルさんを採用しない動きもあります。

かなり先のことかもしれませんが、高齢者となった時に元気でいられるかどうかは大きな問題です。筋肉がついていれば、転倒を予防できます。ご存知の方も多いかとは思いますが、転倒は寝たきりの原因になります。
もしパートナーに介護が必要になった時、どこまで自宅で介護できるかは、介護する人の健康状態にもよるでしょう。

ちなみに私は健康のために乗馬クラブに通っています。「健康のために」と書きましたが、元々は脚が細くなることと腰痛を予防する目的で始めたものの、今では馬に癒される効果のほうが大きいです。
馬は、かわいいです。初めはツンツンした感じで手に負えないこともある馬が、レッスンの後は仲良くなれるのが不思議です。それと、馬に乗る時は余計なことを考えながらは危険です。馬に蹴られたり落とされたりしないためにも、嫌でも集中します。悩みや心配事があっても、馬に乗ると忘れてしまいますし、忘れても何とかなるものですから、悩んだり心配する必要がないことだったのかもしれませんね。

 

◆ストレス解消

そうすると私の乗馬は、健康よりもストレス解消の面が大きいかもしれません。ヨガをされる方は、健康もさることながらストレス解消を目的とされる方も多いそうです。
スポーツでストレス解消というと、ボーリングを挙げる人もいます。ボーリングのことを「許される破壊行為」という人もいるそうです。

世間一般によく知られたストレス解消といえば、カラオケかもしれません。ただカラオケこそ、習いたいと思ったことがある方が多いのではないでしょうか。
上手な人と一緒にカラオケに行った時の恥ずかしさは、余計にストレスがたまるかもしれません。それに下手なカラオケを聴かせることで、一緒にカラオケに行った人に余計なストレスを与えてしまうかもしれません。

ちなみに私の知り合いに、ゴルフの打ちっ放しには行くけれどゴルフ場には行かないという人がいます。打ちっ放しなら気楽だけど、ゴルフ場だと穴にボールが入るまで何打も何打もボールと格闘するのが嫌だとのこと。「うん、うん、わかる!」という方も、いるかもしれませんね。
同じような理由で、野球もソフトボールもやらないけれどバッティングセンターに行くという人がいます。空振りはご愛嬌ですが、ボテボテな当たりでもアウトはありません。

習い事とは少し話がズレるかもしれませんが、趣味としてゴルフの打ちっ放しやバッティングセンターも、良いですね。

 

◆精神修養

ゴルフに関しては、最後までしっかり穴にボールを入れるところが精神修養だという人がいます。仕事仲間や取引先の人とゴルフ場でプレイした時に、その人の性格がプレイに現れるとも言います。
経営者でゴルフをプレイされる方が多いのも、そのような理由でしょうか。アメリカ史上に名前が残る大統領の一人になるであろう、かのトランプ大統領も、ゴルフをプレイすると相手がどんな人かがわかるということを言っていました(そのような人と大いにプレイを楽しんだ日本の総理大臣は、単純にすごいですね)。
もちろん、玉の輿を目指してゴルフをプレイする友達が私にもいますが…

精神修養がメインの習い事といえば、「道」がつく習い事でしょう。
スポーツですと、剣道・柔道・合気道・弓道などが当てはまります(テコンドーは違いますよ)。
文科系ですと、書道・茶道・華道などが当てはまります。マイナーなところでは香道という、お香を嗅いで当てるというようなものもあります。

ゴルフもそうですが、これら「道」がつくものは全て、お作法(ルール)が重視されます。それが故に、これらのものを「やっています」ですとか「やっていました」というと、「しっかりしている人」という印象を与えることができます。
多少は流派の違いがあっても、基本的にどこでも同じお作法ですので、「今度、遊びにいらしてください」ということもあります。人付き合いの幅が広がります。

 

 

◆人付き合い

お作法がしっかりした習い事でなくても、同じレッスンを一緒に受ける仲間が仲良くなるケースは多いです。

会社勤めをしていた頃の私は、ホームヘルパーの資格を取るように会社から言われて講習を受けに行っていました。全部で15回ほどの講習が終わった最終日に、同じコースを受講していた仲間で飲みに行きました。
セールストークを学ぶ勉強会に参加していた頃は、やはり、その勉強会の仲間でFacebookのグループを作っています。このグループとは今も時々お茶をしたりします。

そういえば私の知り合いの男性で、どう見ても女性向けの料理教室に通った人がいました。料理ができるようになることも目的だったのですが、それ以上に女性とお友達を作ることが目的だったそうです。

 

◆1万円あれば可能性が広がる

いかがですか。習い事をすると、こんなにプライベートが充実します。
最近は、わざわざSNSでリア充であるアピールをするサービスまで出ているそうです。無理にそんなアピールなどしなくても、ほんの1万円を自分に投資することで、自然と魅力的になれるのです。

「そうかもしれないけど、通うのが面倒で…」
そういう方は、自宅に居ながらにしてできる習い事が良いでしょう。

「通信添削も課題が溜まってしまった経験が…」
そういう方は、自分のペースでできる習い事が良いでしょう。

 

◆自宅で自分のペースでできる習い事

「そんな都合の良い習い事なんて、あるの?」
自宅で準備ができる習い事であれば、先生に出張をお願いすれば良いのです。わざわざカルチャーセンターなどを間に挟む必要は、ありません。

私のお友達で、韓国人女性を自宅に招いて本場のキムチの作り方を季節ごとに習っている人がいます。私も便乗して参加させていただいたことがあります。

もちろん、家庭教師として先生に出張をお願いして個人レッスンを受けることもできます。

 

◆語学はお金をもらって習う時代

語学も同じです。わざわざ語学学校や塾にお金を払って習う必要は、ありません。ホームステイを受け入れたら良いのです。

海外から日本に来る人に、自宅に寝泊まりしていただくと、自然と語学を使う場面が作られます。かつて「お茶の間留学」という言葉がありましたが、あのお茶の間留学よりも本格的なお茶の間留学が体験できます。

ホームステイを受け入れると、規則正しい生活を送ることになりますので、健康的です。食事も日本の伝統的な食事が多くなるでしょう。
ホームステイを受け入れると、日本のお作法や「しきたり」といったものを再確認する場面も多々あります。お客様の素朴な疑問がきっかけで学ぶことも多いです。
また、海外から受ける情報は新鮮です。日本人とは異なる発想に快感を覚えることも、あるでしょう。ホームステイでやって来た人と出掛けることは良いストレス発散にもなります。
ホームステイの受け入れが終わった後も、良いお付き合いは続くかもしれません。
そんな具合に楽しくホームステイを受け入れている様子を話したら、羨ましがられるかもしれません。

…と、習い事で得られるものが全てホームステイの受け入れで得られるのです。
それもホームステイを受け入れるホストファミリーは、食費や光熱費にあたる謝礼を頂きながら、これら全てが手に入るのです!
日本ホストファミリー養成協会では、ホームステイを受け入れる人(ホストファミリー)を増やす活動をしています。ホストファミリーになってみたい方は、お気軽にお問い合わせください。

▼資料請求はこちら

j-host%e8%aa%ac%e6%98%8e%e8%b3%87%e6%96%99

▼お問い合せはこちら

お名前または会社名 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る