【親孝行にもなるAirbnb2】

Pocket

こんにちは。東京ではない埼玉で駅からバス便でもスーパーホストになれた大野です。

前回の続きです。
記事はこちら
http://jhfta.org/?p=704

 

こうしてホストファミリーの楽しさを知った母ですが、私はゲストを迎えるにあたって色々買ったりしなくてもいいよと伝えてありました。
それは母の収入の足しになればと思って低価格で出しているので色々買ってしまうとマイナスです。
しかし母は「名古屋の観光ガイドブックを買ったり」「アメニティを買い足したり」していました。

ある日電話で母が「今日ね〜、出かけたついでに本屋に寄ったら名古屋の○○○があったから買ってきちゃった」と嬉しそうに言いました。
私は「へぇ〜そうなんだ。でも来るのだいたい外国人だよ? 日本語わからないと思うけど・・・
母「・・・・・

母「・・・
母「はっ!!!   そうだった〜〜〜!! 

でも、もう買っちゃったからいっか。。。写真で見ればいいでし〜
私「まぁそうね」
と、お茶目な部分というか若干天然でもある母です。

そして先日2組目のゲストが朝5時と言う早朝にチェックアウトしました。
彼らは台湾の家族、夫婦と2歳半の子供です。
私の息子とオーバラップする部分が多々あったみたいで

ゲストのチェックアウトを見送った母からすぐに電話があり、

ゲストが滞在中のエピソードを嬉しそうに語っていました。

まぁ当然寝ていたわけですが、嬉しそうな声にこちらも嬉しくなりました。

IMG_0759
またこの台湾の家族が滞在している時に私の妹夫婦も泊まったようで、そこでも国際交流していたとのこと。
妹夫婦もスマートフォンの翻訳アプリを使ったり、「指差し会話帳」を駆使してコミュニケーションを取っていたようです。

 驚いたことに母はいわゆるガラケーを使っていたのですがゲストとの交流をよりスムーズにするためにスマートフォン(かんたんスマホ)に変えました!!

 ゲストをもてなしたい気持ちがとても伝わってきて、思い切ってAirbnbで貸し出して母も喜んでくれて本当に良かったと思いました。

これも一つの親孝行になったかな・・・と思います。

 

そして昨日チェックインしたアメリカに帰化した元日本人?のゲストは

来月後半にも来たいと予約を入れてくださいました。

「多く作りすぎた」と言ってチャーハンを出したそうです。。。

ゲストからメールで「楽しいお話を聞かせていただいています」って・・・何を話してるんだ〜〜〜

「とても落ち着く」と言ってくださったのでそれは良かったです。

 

うちでもできるかもと少しでも思われたあなた、
私たちと一緒にホストファミリー&親孝行始めてみませんか?  

Pocket

関連記事

コメントは利用できません。

新着記事をメールで購読

メールアドレスを登録すれば、新着記事をメールで受信して購読できます。

ページ上部へ戻る